北海道のレンタカー旅行は事前のシミュレーションが肝心

北海道の旅行にはレンタカーがとても便利です。しかし、地元に住んでいるわけでもないのに、どこでレンタカーを借りるのがよいかわかっている方は多くないでしょう。北海道は想像以上に広いです。ちゃんと予定を立てていないと、レンタカーを返しに行くときなど思わぬ時間がかかることも考えられます。ですから、旅行に出発する前に自宅でできる準備はやっておくことが大切です。

飛行機で向かうなら空港周辺のレンタカー会社が便利
北海道まで飛行機で行く方には、空港付近のレンタカー会社にあらかじめ予約しておき、到着と同時に車で走り出せるようにしておくことがおすすめです。たとえば、北海道の玄関と言われる新千歳空港の周辺には、多数のレンタカー会社があります。空港のカウンターから営業所まで送迎してくれるところもあれば、空港の駐車場にレンタカーをスタンバイしてくれるところまで、レンタカー会社によってサービスはさまざまですから、出発前にネットで調べておくとよいでしょう。レンタカー比較サイトなら、日数や人数に合わせて最適なレンタカーが見つけられます。

お子さま連れにはマスト
一人旅で身軽に動ける方ならまだしも、小さいお子さんも含めた家族旅行の場合、なおさら空港周辺のレンタカーを利用することをおすすめします。たとえ札幌や函館など都市部が旅行プランの中心でも、空港から電車やバスの乗り場までの移動、駅からホテルまでの移動、ホテルから目的地までの移動など、徒歩で移動する頻度は高いです。まだベビーカーを使っているお子さんであれば、この移動だけでもたいへんな負担になると想像できます。その点、空港の近くでレンタカーを借りれば、荷物は積んだままでOKですし、電車やバスの乗り換えのわずらわしさもありません。目的地まで快適に移動するには、空港に到着したらすぐにレンタカーに乗れるように準備しておくことはマストと言えるでしょう。

一人旅や少人数の旅行の場合
大人の一人旅や少人数の旅行で、荷物もそれほど多くないなら、目的地まで公共交通機関で移動して、現地でレンタカーを借りるというやり方も無駄がありません。札幌など都市部に近いところでは、渋滞や規制などが考えられますし、どこでも駐車できるわけではなく、車だとかえって動きにくいこともあります。状況に応じてレンタカーと公共交通機関を使い分けられるのが、身軽な旅の良いところです。ただし、郊外でレンタカーを借りるつもりなら、あらかじめネットなどで予約しておくことをおすすめします。都市部と比べてレンタカー会社の数は少ないですから、いきなり行っても目当ての車を借りられないことが考えられるからです。

事前のシミュレーションが肝心
北海道でのレンタカー旅行が初めてという方は、出発の前にYahoo!路線情報やGoogleマップで移動のシミュレーションをしておきましょう。レンタカーを借りてからホテルなど目的地までの経路や距離を把握しておくだけでも、無駄なくスムーズに移動できます。特に冬場の北海道は、他の地域の方にとって想像を絶するほどの雪の量です。慣れない雪の中では、歩くのも車を運転するのもたいへんですから、事前にシミュレーションして状況に応じたプランをいくつか立てておくとよいでしょう。

投稿日:

格安レンタカーで旅行費用を上手に節約するためのコツ

広大な北海道の旅にはレンタカーが便利です。最近では、大手レンタカー会社の半額程度の料金でレンタルできる格安レンタカーも増えてきました。レンタカーの費用を節約できれば、観光やグルメをさらに充実させることも可能です。ただし、旅行中不便な思いをしたくないなら、格安レンタカーを利用する前に覚えておくべきことがあります。

早めの予約が肝心
格安レンタカーとはいえ、ニーズに合わない車を借りてしまうと出費がかさみます。カップルでの旅行なのに、手ごろなサイズの車がなくて大きなステーションワゴンしか借りられないようでは、格安のメリットがありません。逆に家族4人の旅行なのに軽自動車しか借りられなければ、車中の時間は日に日にストレスに感じられるかもしれません。ですから、格安レンタカーで無駄なく節約しようと思うなら、ニーズに合った車を借りることが前提です。そのためには、早めに目当ての車を予約しましょう。雪まつりのような北海道に旅行者が増えるシーズンには、どのレンタカー会社でもほぼ満車になります。北海道に着いてからレンタカーを手配しようと思っても、手ごろなサイズの車が残っていないか、場合によっては1台も残っていないということも考えられます。ですから、早めの予約は肝心です。できれば具体的な旅行プランができたら、すぐに予約して手配しておくことをおすすめします。

免責補償は必須
格安レンタカーで節約するといっても、必要なところにはお金をかけるべきです。レンタカーでいえば、免責補償のオプションです。格安レンタカー会社には1日1000円程度の免責補償があります。車の料金が3000円以下なのに補償に1000円は割高な気がするかもしれませんが、もし事故に遭ったらと考えるとここは節約すべきではないでしょう。事故費用をすべて自己負担することになれば、格安レンタカーで節約する意味がありません。特に雪の多いシーズンはいつ事故に遭うかもわかりませんから、免責補償を付けるのは必須です。

返却の時間に注意
無駄な出費を抑えるには、事前にちゃんと旅行プランを立てておくことが大切です。レンタカーの返却時刻を過ぎてしまうと、延長料金が発生してしまいます。ですから、少なくともレンタカーを返却する日のスケジュールだけはきっちり立てておくべきです。途中でトラブルがあっても返却時刻に遅れないだけの、余裕のあるスケジュールで行動しましょう。

投稿日:

新千歳空港付近のレンタカー会社で車を借りる時の流れ

北海道に旅行する人の半数以上が新千歳空港を利用します。そのため、空港周辺には数多くのレンタカー会社が営業所を持っています。大手から格安まで30社以上が軒を構えると言われるぐらいです。ただ、旅行者の多いシーズンでは、車に乗るまで時間がかかることが予想されます。そこで、ここでは新千歳空港でレンタカーを借りるときの流れを解説します。

車を借りるとき
レンタカーを借りるときの基本は、営業所に行ってそこで手続きをしてから車に乗るというパターンです。ただ、新千歳空港の場合、空港に自社のカウンターを持っているレンタカー会社がいくつかあり、そういう会社なら、空港で手続きを済ませると、営業所まで送迎車で送ってくれて、着いたらすぐに車に乗れるようになっています。自社カウンターを持っていない会社でも、事前に予約をしていれば、空港から連絡すると迎えに来てくれるので、自分で歩いて営業所まで行く必要はありません。いずれにせよ、予約の段階で到着便の名前と時間を伝えておくことが必要です。予約していないと、空港に到着してから自分で探さなければならないので、シーズンによっては車が残っていないことも考えられます。

新千歳空港にカウンターを持つレンタカー会社
新千歳空港に自社のカウンターを持ち、そこで受付が済ませられる会社には、トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、タイムズレンタカー、オリックスレンタカー、ホンダレンタカー、バジェットレンタカーなどがあります。レンタカー会社によっては、ロビーでプラカードをもって迎えてくれるところもあるので、迷う心配はありません。

空港到着後レンタカーを借りるまでにかかる時間
空港にカウンターを持つレンタカー会社でも、シーズンによっては混雑のため、手続きが完了するまでかなりの時間がかかることも考えられます。雪まつりの開催時期など観光のハイシーズンには、到着から受付完了まで30分以上かかることもあるので、旅行プランはそれを見越して余裕を持たせておきましょう。空港にカウンターがない場合、送迎車で営業所まで送ってもらうとすると、空港から徒歩数分の距離だとしてもシーズンによっては30分以上かかることもあります。人数や荷物が多ければ多いほど、それだけ時間もかかりますから、時間に余裕のある旅行プランを立てることが大切です。

投稿日:

北海道でレンタカーを借りるときに知っておくべきポイント

北海道を旅する際、移動手段はレンタカーが便利です。札幌などの都市部を離れると、北海道には電車やバスのような公共交通機関が十分に整備されていないところがいくつもあります。それに、せっかく広大な北海道に来たのなら、広い道をドライブするのも旅行の醍醐味です。そこで、北海道ではどんなレンタカー会社があるのかまとめてみました。

レンタカー会社の種類
北海道には、自動車メーカー系列のレンタカー会社とメーカー問わずさまざまな車種をそろえるレンタカー会社があります。前者の代表的なところは、トヨタレンタカー、ホンダレンタカー、日産レンタカーなどです。後者は、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカー、タイムズレンタカー、バジェットレンタカーなどがあります。メーカー系列ではそのメーカーの車種のみの取り扱いですから、いろんな車種から選びたいという方は後者を選ぶとよいでしょう。

レンタカーの予約ポータルサイト
最近ではほとんどのレンタカー会社がウェブ予約に対応しています。ただ、レンタカー会社の数は膨大なので、どの会社を選べばよいのか迷うこともあるでしょう。そういうときは、レンタカー比較の予約ポータルサイトを活用しましょう。目的地、日数、人数などを入力して検索するだけで、レンタカー会社の枠を超えて予約可能なレンタカーがずらりと表示されます。料金の安い順に表示できるところもあるので、レンタカーの費用を節約したい方にはたいへん便利です。代表的な予約ポータルサイトには、楽天トラベル、レンナビ、レンタカードットコムなどがあります。レンタカーの情報だけでなく、観光やグルメなどの地域情報を掲載しているサイトもあり、旅行者に役立つ内容です。

札幌市内で借りる場合
札幌には大手から格安までレンタカー会社が多数あります。札幌駅やすすきの周辺であれば、レンタカーが見つからないということはありません。ただ、借りるときに注意すべきなのが、返却場所の指定です。借りた店舗に返さなければ行けない場合、遠くまで出かけていても返却時刻までに戻ってこなければなりません。違う店舗にも乗り捨てできるなら、新千歳空港まで車で行ってそのまま飛行機で帰ることも可能です。ただし、乗り捨て料金はレンタカー会社によって違うので、予約する前に調べておきましょう。

投稿日:

北海道旅行に便利な新千歳空港周辺の格安レンタカー会社

新千歳空港の周辺には多数のレンタカー会社がありますが、ここでは大手レンタカー会社より大幅に安い格安レンタカーについてまとめてみました。

100円レンタカー新千歳空港店
10分100円という時間貸しで有名になった100円レンタカーです。新千歳だけでなく、札幌、室蘭、帯広、釧路など空港があるところに店舗を構えています。100円レンタカーは長期間のレンタルよりも、ちょい乗りの利用に威力を発揮します。おすすめの利用法は、都市間の長距離移動は鉄道やバスを使い、100円レンタカーの店舗がある拠点で車を借りて観光するという方法です。

トクトクレンタカー新千歳空港店
トクトクレンタカーは北海道だけにあるレンタカー会社です。大手のように給油返却不要や乗り捨て無料のサービスはないものの、安さで他社を圧倒しています。おもな車種はトヨタ車で、軽自動車は取り扱っていません。トヨタの普通車にふだん乗っている方におすすめです。新千歳空港とJR千歳駅とその周辺のホテルには送迎サービスもあります。

ちょいのりレンタカー新千歳空港店
ガソリンスタンドなどがフランチャイズで運営するのがちょいのりレンタカーです。12時間3500円からという安さが魅力ですが、ネットからの予約なら3100円という特別価格になっています。札幌市内には札幌駅、すすきの、大通りなどに店舗を持ち、ほかには北見、帯広、中標津、根室、稚内など道央から道北にかけてもいくつか店舗があります。会員登録で給油が1リットル当たり3円引きというサービスもあります。

スカイレンタカー新千歳空港営業所
スカイレンタカーは、北海道、九州、沖縄で営業しているレンタカー会社です。スカイレンタカーでは、受付時の手続きにかかる時間を短縮できるクイックチェックインというサービスが人気です。ネットから予約する際に補償内容、負担金、禁止事項などの注意事項が記載されたPDFをプリントアウトして、内容を確認し署名したうえで受付時に提出することで、注意事項の説明にかかる手間と時間が省けるというものです。ですから、営業所を訪れてすぐに出発することが可能です。